spacer
spacer
title
menu
spacer
titletitletitle
spacer
spacer 建設設計材料工学講座 spacer
spacer
spacer spacer
photo
spacer日野伸一/教授 博士(工学)
spacer spacer
arrow 工学研究院長・工学府長・工学部長

arrow 1952年生まれ
arrow 所属研究室: 環境設計材料工学講座
arrow 出身高校: 愛媛県立新居浜西高校卒
arrow 最終学歴: 九州大学大学院 工学研究科 博士後期課程
arrow 専門分野: 構造工学、複合構造、維持管理工学
arrow 主な担当講義: 大学院修士課程:複合構造工学、地球環境工学入門、構造力学第二、構造設計施工学、環境都市工学演習






spacer
spacer spacer
spacer研究内容
spacer spacer
arrow 【研究のキーワード】橋(Bridge)、構造物の設計、維持管理

arrow 私の専門は、この社会基盤施設の中の「橋」です。橋は遥か昔の原始時代にすでに考え出され、丸太や岩を渓流に架け渡っていたのが始まりです。技術の発展に伴い、強く長持ちする橋、長い距離を結ぶ橋が開発されました。それは、橋に用いる材料や、橋の形式、橋の架け方の進歩によるもので、現在私達が何気なく渡っている橋は、最先端の技術がたくさん詰まっています。
spacer 1970 年代の高度経済成長期に日本ではたくさんの橋が建設され、島と島が結ばれ、私達の暮らしは随分便利になりました。しかし、人と同じように、橋も長年使い続けることによって痛んできます。高度経済成長期に建設されたたくさんの橋は40 年近く使われています。そこで、これからも橋を長く安全に使い続けるために、診断(点検)と治療(補修や補強)が必要になります。たくさんの橋を一度に診断・治療することはできませんので、橋に優先順位を付けたり、橋の痛んでいる症状ごとに効果的な治療法を考えるなど、効率的なメンテナンス(維持管理)が重要です。
spacer また、最近では交通量の増大、建設現場の制限(交差点を跨ぐ橋など橋脚の大きさや間隔に制限がある場合)、建設コストの削減で、更に高度な技術が必要となっています。つまり、重い車がたくさん走っても大丈夫な橋や、長い距離を結ぶ橋を、少しでも安く、地震に対しても十分に強いものをつくる必要があるのです。
spacer 私は、橋に使う材料の安全性や耐久性や、より合理的な橋の設計、新形式構造の開発、効率的なメンテナンスについて、直面する短期的課題から将来を見据えた中長期的課題まで広範囲にわたり研究活動に取り組んでいます。
spacer 私の研究室では、多くの学生が研究活動、ゼミ、研究室旅行など、たくさんのイベントを研究室の皆で真剣にかつ楽しく取り組んでいます。皆、研究室での様々な活動を通じ、人として、社会基盤整備に携わる技術者の一人として逞しく成長し巣立っていきます。
spacer 是非、人の暮らしを支える技術者としての第一歩を、私と一生に踏み出しましょう!





spacer
spacer
spacer spacer
photo
spacerM田秀則/教授 博士(工学)
spacer spacer
arrow 1961年生まれ
arrow 所属研究室: 環境設計材料工学講座(通称:鉄筋研)
arrow 最終学歴: 九州大学大学院工学研究科修士課程修了
arrow 専門分野: コンクリート工学、腐食防食工学、社会環境創生学
arrow 主な担当講義: 建設材料学、維持管理工学、構造物設計論









spacer
spacer spacer
spacer研究内容
spacer spacer
arrow 【研究のキーワード】社会環境創生、循環型材料開発、構造物長寿命化

arrow 私自身は、自分のことを“ 研究者” とは思っていません。やはり、エンジニア(技術者)であり続けたいと思っています。研究的な仕事をする“ リサーチ・エンジニア” であると同時に、教育的な仕事もする“ アカデミック・エンジニア” であると考えています。
spacer 工学の中にも多くの専門分野、例えば、機械、電気、情報、化学、造船、資源、鉄鋼などがあります。私の専門である、土木工学は英語では“Civil Engineering” と言いますが、非常に範囲が広く、他の学科よりも、数学的基礎、物理的基礎、さらには化学の基礎が必要となります。シビルエンジニアの仕事は、社会環境を創生することであり、以前は“ 開発” が主体でしたが、近年では、“ 環境保全”、“ 防災” の占める比重が大きくなってきたと言えます。
spacer 私の研究に対する基本的姿勢は、よりよい社会環境の創生に役立つ学問を追及すること、社会全体の幸福に役立つ研究開発を実施することです。具体的には、循環型材料開発、構造物長寿命化を研究の柱とし、良好な社会環境の創生に寄与することを目的としています。また、私の研究室を卒業する学生に望むことは、科学的考察力を備えたエンジニア・技術者に成長して欲しい、かつ、社会の問題を把握し、社会全体の幸福を考えることのできるエンジニア・技術者に成長して欲しい、ということです。
spacer 勉強は一生続けなくてはならないものであり、学問に終わりはありません。私自身、まだまだ日々勉強の、道の途中です。私は建設材料の一つであるコンクリートを研究対象の一つとしています。左の写真はコンクリートをダイヤモンドカッターで切断した断面です。石と砂とセメントの構成が“ 美しい” と感じます。皆さんは、どこにでもある灰色のコンクリートのどこが美しいの? と思われることでしょう。この感覚は、数学者が“ 数学の定理は美しい” と表現するのにも通じるところがあります。他の人には無味乾燥に思えるものでも、長い時間をかけて取り組んでいると、本人にしか理解できない奥の深さを感じることができるようになるのだと思います。
spacer “ 厳しさの中に楽しさあり・・” そんな雰囲気の研究室が目標です。


↑コンクリートをダイヤモンドカッターで切断した断面の様子
spacer
spacer
spacer
spacer spacer
photo
spacer貝沼重信/准教授 博士(工学)
spacer spacer
arrow 所属研究室: 建設設計工学研究室
arrow 最終学歴: 法政大学大学院博士前期課程
arrow 専門分野: 鋼構造学、維持管理工学
arrow 主な担当講義: 鋼構造工学,構造設計施工学,鋼構造特論









spacer
spacer spacer
spacer研究内容
spacer spacer
arrow 【研究のキーワード】構造物の維持管理、劣化の予測・評価

arrow 我が国の橋やトンネルなどの土木構造物の多くは、高度経済成長時に建設されています。最近、国外では構造物が崩壊することで、人命が失われる致命的な事故が起こっています。例えば、橋については、皆さんもご存じのように、韓国・ソウルの聖水大橋の落橋(1993 年、死者32 名)やミネアポリスの高速道路橋の落橋(2007 年、死者13 名)は、マスコミで大きく取り上げられています。特に、ミネアポリスの落橋は記憶に新しい橋の事故かと思います。我が国でも橋が崩壊する事故や橋の重要部材が破断するなどの事故が起こっており、老朽化が著しく危機的な構造物もあります。将来、これらの老朽化した構造物が致命的な事故に至ることが懸念されています。構造物を安全・安心な状態で維持管理していくためには、莫大な費用が必要になりますが、危機的な財政難の中で維持管理費を確保することは厳しい状況にあります。そのために、如何にして、経済的かつ効率的に構造物の老朽化を正確に把握して、適切な対策を講じるかが重要になります。しかし、現在のところ、これらの諸問題を解決するために必要な技術が十分には開発されていない状況にあります。そのため、今後、数多くの構造物を老朽化に対して、適切に管理・延命化する技術やシステムを開発する必要があります。我々は、特に構造物の腐食や疲労の経年劣化に対する新技術やシステムを構築するために、日々、構造物の調査・分析、実験や解析、シミュレーションなどの学術的活動をしています。
spacer 日本の社会基盤施設である構造物を将来、安全・安心、かつ経済的に管理するための一躍を担う研究を我々と一緒にやってみませんか。皆さんの研究成果は、在学中あるいは近い将来に社会に反映されることでしょう。また、民間企業や公共団体などの第一線の共同研究を通じて、将来にリーダーとして必要とされる素養を磨きませんか。皆さんのやる気、根気、情熱を期待しています。


↑アルミニウム合金の摩擦攪拌接合継手の疲労破面


↑空間統計数値シミュレーションで求めた腐食表面性状
spacer
spacer
spacer
spacer spacer
photo
spacer佐川康貴/准教授 博士(工学)
spacer spacer
arrow 1976年生まれ
arrow 所属研究室: 建設材料システム工学研究室
arrow 最終学歴: 九州大学大学院工学研究科建設システム工学専攻修士課程修了
arrow 専門分野: コンクリート工学
arrow 主な担当講義: コンクリート構造工学,構造設計施工学,建設材料システム論









spacer
spacer spacer
spacer研究内容
spacer spacer
arrow 【研究のキーワード】建設材料、リサイクル、コンクリート

arrow 私の専門は、コンクリート工学です。「コンクリート」と聞いて、多くの皆さんは「硬くて冷たい」というマイナスのイメージを持つと思います。しかし、用いる材料(セメントや砂、石)の種類や混ぜる割合を変えると、さまざまな種類のコンクリートを作ることができます。例えば、内部に空洞があり植物が生えやすいコンクリート(ポーラスコンクリート)は、すでに実用化され、河川護岸などで用いられています。また、鉄を製造するときに発生するスラグと呼ばれる副産物を用いると、海の中で藻が生えやすくなるため、人工漁礁として用いられています。このように、単に「コンクリート」と言ってもさまざまな顔を持っており、実に奥が深く、魅力のある材料なのです。
spacer 私が現在、主に取り組んでいる研究テーマは、次のようなものです。
(1)長寿命なコンクリート構造物を造るために「ひび割れ」を減らすための研究
(2)様々な産業から発生する副産物を用いたコンクリートに関する研究
(3)ミクロ・ナノの世界から構造物や材料の性能を評価するための研究
(4)大型製品ブロックを用いた工事の省力化・省コスト化に関する研究
spacer 私が大学に進学する時に、私が土木工学を専門とする学科を選ぼうと思ったきっかけは、高校生の時に瀬戸大橋を見て、スケールの大きさに感動したことと、地元で来島海峡大橋(「しまなみ海道」にある吊り橋で、世界初の3連吊り橋)が建設中で、橋が次第にできあがっていくのを見て、構造物を造るという仕事の重要性に魅力を感じたからです。
spacer 私たちの便利で快適な生活は、周りにあるさまざまな構造物によって支えていることを忘れてはいけません。私たちは、便利さを一度実感してしまうと、その便利さが「当たり前」になり、大切さを忘れてしまいがちです。周りにある色々な構造物を見つめ直して、土木工学・建設工学の世界を垣間見てみませんか?


↑来島海峡大橋

spacer
spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer
credit