spacer
spacer
title
menu
spacer
titletitletitle
spacer
spacer photo
spacer杉町仁美 さん
spacer spacer
arrow 勤務先:電源開発開発会社(J-POWER)国際営業部 技術営業室
2004年3月 九州大学工学部地球環境工学科卒業
2007年3月 九州大学大学院工学府都市環境システム工学専攻修了

arrow 将来環境問題に携わりたいと考え、建設都市工学コースに進学しました。大学では、ダム、橋、道路、水、土・・・と、私達の生活を支える様々なものを幅広く学べます。大学時代に国連NGO総会に参加したことをきっかけに、海外で社会貢献できる仕事がしたいと思うようになりJ - P O W E R に入社しました。
spacer 現在は、海外で新規発電所を建設するため、または環境保全のため、現地に赴き政府の方からその国の電力事情について話を伺ったり、現場調査を行ったりしています。技術力はもちろん、いかに相手国と信頼関係を築けるかも重要です。世界中に安定した電気を届け、人々の生活基盤を支えることの出来る今の仕事に大きなやりがいを感じています。

spacer
spacer
spacer
spacer永原一明 さん
spacer spacer
arrow 勤務先:九州旅客鉄道株式会社
1999年3月 九州大学工学部建設都市工学科卒業
2001年3月 九州大学大学院工学府都市環境システム工学専攻

arrow 将この学科を選んだ理由は、日本中を鉄道など使って旅する中で、うっすらと、街づくりとか、街と街とを結ぶ公共交通機関のことについて考えたいと思ったからです。それから、実際に在学し、それらのことを考え勉強することができました。
spacer 今でも良い経験であったと思っていることは、研究室に所属していた当時、調査や測定のため現地まで赴いて昼夜を問わずデータ収集を行ったことです。研究以外では、友人と1ヶ月間ヨーロッパを旅しました。かけがえのない思い出です。
spacer 現在は九州新幹線の線路のメンテナンス体制に関する仕組みを作っていく仕事をしています。考えたその仕組みが、現場でうまく機能しているとき、仕事の醍醐味を感じています。

photo
spacer
spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer
credit